忍者ブログ
東武バス、千葉のバスに関する話題を中心に 管理人の別趣味のお話等を書かせて頂きます。
[1] [2] [3]

丹荘駅で待機する本庄駅行(社2078号車 P-LV314L 本庄出)

埼玉県の本庄に存在した東武バス本庄営業所管轄の路線。
本02系統と言う整理番号(系統)で、宮本町車庫から本庄駅を経由し群馬県の鬼石へ
向かう路線の枝線に当たる終点です。
休日の朝に片道1本、しかも本庄駅近くの「沖電気」を経由する非常に稀な1本でした。

休日朝7時39分発のこの便は、本庄出張所(宮本町車庫)から回送出庫して
ひたすら丹荘駅を目指してやって来ます。
近くの「丹荘駅入口」停留所まで行けば約1時間に1本の鬼石〜宮本町車庫線に
乗ることが出来ます。
免許維持路線の典型と言えば終わりですが、朝日バスに移管される事が決まり
その最後のダイヤまで残ったのは非常に不思議ではあります。
当時のダイヤで丹荘駅にこの時間帯に到着する八高線の列車は無く、ご覧通り
このバスに乗車するお客さんも居ない。

私もこのダイヤのバスを撮影しようと思い訪れた時、当日の運転手さんが
「まさかさ、わざわざこれを撮影しに来たの?」と声かけ頂き、雑談を
少々させて頂き最終的に「何かあなたは凄い人だね」と笑われてしまいました。
確かに朝の4時起きで関越道を車を飛ばして来なければ、当時東京都北区在住だった
私はこの時間にここへは来れない訳でして(笑)

当時の丹荘駅前、停留所ポールと時刻表。

この丹荘駅から鬼石へは、鉄道通ならご存知の方も多いかと思いますが
「上武鉄道」という地方私鉄が走っていた事で有名です。
鬼石にある化学工場までの貨物輸送メインのローカル私鉄でして、末期は
貨物専業になり昭和50年代に廃止された路線です。
終点は工場の中の操車場で何ともトワイライトゾーン的な路線でした。
国鉄の車両解体など受けていた時期があり、165系や43系客車、貨車など
この地で散った車両も多かったと記憶しています。

鬼石への路線のお話は次の機会として、今回は丹荘回転運用(笑)を
ご紹介いたしました。

朝日自動車への移管で、現在も「丹荘駅入口」停留所は存在しますが駅前に
乗り入れる便は廃止されています。

廃止数年後の丹荘駅前にて。

上の画像は友人所有の動態保存車両で「丹荘駅」を訪れた時のワンショットです。
赤屋根駅舎と琺瑯の駅名板も健在で、廃止された東武パス停ポールも頭は
無いものの健在でありました。

時の流れが止まったような丹荘駅前。
もう東武バスが乗り入れる事は二度と無いでしょう。
残念です。

拍手

PR

・終点の白石車庫に停車する社9223号車(森林)。

埼玉県の東武東上線、小川町駅から深い山間部「東秩父村」に入って
行く山岳ローカル路線バス、残念ながら既に東武グループが運行する路線
から離れてしまった路線です。

・白石車庫 停留所と時刻表。

終点の「白石車庫」にはモータープールのような物は存在せず、営業所が
ある訳でもありません。
地方に行くと以外とあるパターンではありますが、当時の東武鉄道バス事業本部
管内で「車庫」と名前が付きながら詰所などが存在しない場所は、この白石車庫と
本畠車庫、本庄管内の児玉車庫、行田管内の若小玉車庫くらいの存在でした。
と言っても、児玉車庫には出張所が存在した時期がありますので・・・

小川町駅から兜川〜槻川に沿い山間部に入って行くと、「皆谷」停留所がある。
ここまでは折返系統が存在し、立派な転向場が存在します。

・皆谷折返所で待機する小川町駅行 社9536号車(森林)
・簡易路線図付停留所と時刻表。

昭和30年代位まではそれなりの需要があり、生活路線と観光路線の性格を併せ持つ
黒字路線だった事もありましたが過疎化が進み利用者も減少。
当時は、滞泊する運用も存在し白石車庫で一晩留置されて、翌朝の一番バスで小川町
駅へ向かう運用なんかもあったそうです。
開設初期から長年にわたり、「東松山出張所」がこの路線を担当していたのですが、
東武鉄道バス事業本部の「北部撤退方針」の影響から分社前の時期から担当営業所が
変化し始めます。

・東武鉄道バス事業本部 平成元年くらいの熊谷営業所管内路線図(除く行田出張所版)。

平成元年に熊谷営業所の傘下だった東松山出張所が、川越営業所の傘下に所属変更
され、平成9年には熊谷営業所傘下の小川町出張所と川越営業所傘下の東松山出張所
が廃止統合され、同じく平成9年に新設される熊谷営業所森林公園出張所を開設。
路線移管まで森林公園出張所が担当していました。

・小川町駅(旧出張所)で待機する白石車庫行。

平成14年には埼玉北部地域も東武バスの撤退対象地域になり、森林公園出張所
もグループ会社「川越観光自動車」へ移管されて行く事になるのはご存知かと思います。

そして、迎えた平成19年には路線が「イーグルバス」へ移管され、この路線から東武
グループの車両が活躍する姿が消えました。
但し、毎年恒例行事になった「外秩父七峰縦走ハイキング大会」開催の為に
臨時路線免許を
東武グループが現在も維持しており、主催者の東武鉄道が応援要請を
グループバス会社に依頼する事から、開催時には「川越観光自動車」をはじめ、
熊谷の「国際十王交通」なども臨時で応援に駆けつけます。

状況によっては東武バスの川越営業事務所管轄、坂戸営業所からも応援出動する可能性
も残されており、僅かながらですが東武バスの復活があるのかもしれません。(笑)


・国際ハイヤー(国際十王交通)の方向幕には「白石車庫」が準備されていた。
 これは電光式表示器を導入以降も用意がされているようです。
 旧・国際ハイヤー 社2117号車(熊谷)

拍手



あけましておめでとうございます。
   今年もよろしくお願い申し上げます。
                  2017年 元旦

拍手

今年も埼玉の東武鉄道南栗橋でファンフェスタが行われました。
南栗橋駅〜会場のシャトルバスは、東武バスセントラルが対応しました。
また、会場には足立の貸切ガーラ、もう一台は日光からはるばる世界遺産
巡り用車両が展示されました。

1号車 社9976号車 BJG-HU8JLFP (三郷)


2号車 社2965号車 QKG-LV290N1 (葛飾)


3号車 社2948号車 QKG-LV290N1 (花畑)


4号車 社2972号車 QKG-LV290N1 (草加)


5号車 社2938号車 QPG-LV234L3 (八潮)


6号車 社2754号車 PJ-LV324L1 (足立)


会場展示車両

社9910号車 PDG-KR234J1 (日光)


社2955号車 QRG-RU1ASEJ (足立)


以上

拍手


ダイヤルバスを吸収合併した会社です。
元来タクシー会社として昭和30年に設立された日光の老舗で、
バス事業に関しては昭和60年4月より貸切事業を開始した事に始まります。
同年10月には東武鉄道バス事業本部管轄だった日光〜足尾方面の路線バス
の廃止代替であった足尾町営バスの運行を受諾。


足尾町営バス(現・日光市営バス)

平成2年には藤原町(現日光市)のスクールバスを受託。
続いて平成5年には日光自然博物館の要請による低公害バス運行を受諾する
など会社自体バス事業のウエートが高くなって行きます。

日光交通のバス事業は元々貸切車4両で運営されて来ましたが、
ここでも「東武鉄道バス事業本部」の北部撤退及び貸切事業の縮小と言う
状況が、日光交通と言う会社の業務体系を変化させて行きます。


日光交通の貸切車。
(社104号車 U-CH3HFAA 社113号車と社114号車 U-RU1HHAB)


少人数向けのジャンボタクシー(日産のキャラバン)も配備されていた。

平成9年になり、東武鉄道バス事業本部は貸切部門の減車を発表。
この時に東武バス日光営業所の貸切車配置が廃止される事が決まり、
平成10年度末までに貸切車は千葉の西柏、東京の足立、埼玉の大宮と
3営業所に5台配置で合計15両まで減車される事になります。

この結果、日光地区の貸切部門を系列の日光交通に集約する事になり
日光交通へ東武鉄道から貸切及び定期観光が肩代わり運行移管される
事になります。


左:東武鉄道(元大宮営業所所属)から転籍の貸切車で、社番の付与は
無かったが部内では「9259」と言う東武時代の社番で扱われていた。
右:東武鉄道(元日光営業所所属)から転籍の車両で貸切・定期観光の兼用
車。やはり社番の付与は無く東武時代の「9217」で扱われた模様。
(社9259号車、社9217号車 U-RU2FTAB)


平成11年3月末より東武鉄道に代わり日光交通が運行を始めた定期観光バス。
車両はそのまま東武旧貸切塗装の4台が転籍(社9316号車〜社9319号車)して
活躍を開始した。(※社番は旧東武社番をそのまま呼称)
(左:社9317号車、右:社9319号車 U-RU2FTAB)

平成18年3月からは、東武鉄道とJR東日本が共同運行で新宿〜東武日光・
鬼怒川温泉間で直通の特急列車の運転を開始します。
この運行に合わせて西参道案内所〜日光駅〜鬼怒川温泉駅間で新規に予約制の
「日光・鬼怒川エクスプレス号」の運行をダイヤルバスが開始します。


ダイヤルバスが運行開始したエクスプレス号。

後の平成20年にはグループ会社の「東武ダイヤルバス」を合併。
ダイヤルバスは平成12年に東武鉄道バス事業本部より鬼怒川出張所管轄の全路線
を肩代わり移譲を受けており、この合併で乗合バス、貸切バス事業の割合が
大きい会社へ変化して行きます。
また、貸切・定期観光バス用の東武バスからの移籍車も、この年までに置換が完了。
グループ会社の国際十王交通が貸切廃業へ向けた減車を進めた為、車両をスーパー
ハイデッカーに改めサービスの向上を図った。


国際十王(旧両毛観光)からの転籍車、貸切車登録。
社番は9217を使用。
(社9217号車 U-RU3FTAB)


左:阪東自動車から転籍の131号車(奥側:セレガGJ)と国際十王から
転籍の132号車(手前:セレガR GJ)共に定期観光で使用。
右:朝日自動車から転籍の133号車(HD−2 U-LV771R)
このほかに阪東自動車からガーラSHD(134号車)が転籍してきている。

平成25年に入り、日光定期観光バスの運行が再び東武に移管される事になり
日光交通での運行は、平成25年3月31日で終了となった。
この時、定期観光バスダイヤ移管分で132号車と134号車が東武バス日光へ
転籍しました。
東武バスへグループ会社の車両が転籍する事は非常に珍しく、埼玉県の和光市
市内循環バスの車両を川越観光から受入て以来久しぶりの出来事となりました。

現在、日光交通本社は管理会社としてのウエートがメインになり、ダイヤルバス
等の運行やタクシー、明智平ロープウエーなど多岐にわたり管理、運営を
行っております。



拍手

カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
東武指令
HP:
性別:
男性
職業:
謎の会社員
趣味:
さまざまな趣味あり
自己紹介:
東武バスが好きなむさい男であります。
過去の話が多くなるかも知れませんが、お許し下さい。
ハンドルネームは「東武指令」です。
特に意味はありませんが、よろしくお願いします。(笑)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
ページ
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) midnhight arrow blog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]