忍者ブログ
東武バス、千葉のバスに関する話題を中心に 管理人の別趣味のお話等を書かせて頂きます。
[1] [2] [3] [4] [5]
・17型E、7E登場。
東武鉄道バス事業本部がそれまでの15型E(5E)のフルモデルチェンジである
17型E(7E)を初めて導入したのは平成元年導入の社番2018号車〜社番2054号車
までの37両が第一陣になりました。

東武バスでの7Eトップナンバーとなる社2018号車。
都内向け単区タイプの車です。
加須営業所幸手出張所にて

東武の車両選択は従来と変わらず、単区タイプと多区タイプの2本立てで増備
された。


近郊向け多区タイプの社2053号車。
西小泉駅前にて

P-LV314Lとして7E架装で登場したグループは平成元年車37両と
平成2年車40両の合計77両。
社番で見ると社2018号車〜社2112号車までとなり、内訳的には
単区車(前中扉車)が社2018号車〜社2024号車(平成元年車)と
社2073号車〜社2087号車(平成2年車)。
多区車(前後扉車)が社2025号車〜社2054号車(平成元年車)と
社2088号車〜社2112号車(平成2年式)となっている。
ちなみに同じ平成2年導入車である社2113号車はU-LV324Lの先行
導入車(もちろん7E架装車)であるため、上記内訳からは除外して
います。

・日野ブルーリボンにも架装されていた7E車体。

この平成2年度導入車には日野車にも7E車体を架装する車が
導入されました。

あまり状態の良い画像ではありませんが、日野+FHI 7Eの
P-HT235BA 社9202号車の画像。
エンジンルーバーが日野を主張している感じです。
草加営業所にて


末期に1台のみ沼南営業所に転属した社9198号車。
沼南営業所にて

日野の路線車へのFHI架装は東武バス内において珍しい存在
ではありませんでしたが、平成元年度に導入した路線車に
FHI車体を架装した車は発生しませんでした。
翌平成2年になり、社9198号車〜社9202号車の5両が導入され
草加営業所に配置されましたが、以降は日野車にFHIが架装される
事は無く、東武バスではこのグループのみで終わってしまっております。
(グループの茨城急行や阪東自動車にはU-HT2MMAAの7E架装車は
存在していました。)

余談ですが、沼南に1台のみ転属した社9189号車、いすゞの社2091号車、
社2098号車の計3台は東野交通に転籍して活躍していました。

東野に転籍した面々、左から9198、2091、2098の各車両。
黒磯駅、西那須野駅にて撮影。

上記のほかに他社売却車も現れた。


まさかのJRバス東北に転籍した元花畑の社2085号車。
座席のモケットにエンジのカバーが仕様されていた最後のグループ。
常磐線 浪江駅前にて


こちらも当時は話題になった朝日グループカラーを纏い
川越観光の特定用になり再登場した元足立の社2075号車。
川越観光自動車本社営業所にて


京福電鉄の大事故に伴い運休となった鉄道代行をこなす為に
冬が厳しい福井へ転籍した元行田の社2104号車。
この車、実は沼田、前橋に配属経緯がありまんざら雪と縁が
無いわけでは無いんですが(笑)
福井駅前にて


・U-LV324Lの登場。
前項でも触れましたが、平成2年車のLV314Lが打ち止めになり先行で1台の
U-規制車が登場します。


平成2年先行投入の社2113号車、U-LV324L。
新製配置は川越営業所東松山出張所でした。
加須営業所幸手出張所にて

翌、平成3年いすゞ路線車は社2128号車から増備が始まります。
社2128号車から社2138号車までが単区仕様車。
社2139号車から社2156号車までが多区仕様車。
合計29両が新製投入されました。


東京、西新井出張所で活躍した単区仕様車
社2129号車。
足立営業所西新井出張所にて


千葉、沼南営業所で活躍した多区仕様車。
社2150号車。
後期は埼玉の熊谷営業所へ転出、国際ハイヤー〜国際十王
交通に転籍して活躍した。
森林公園駅にて

この平成3年、平成4年車は東武バスでは激動の世代と言っても過言では
ない運命を辿る事になります。
北部地域撤退の際にグループ会社が肩代わり運行を行うため相当台数が
様々な会社へ転籍をして行きました。

次回へ続く

拍手

PR
東武バスを追いかけ始めてそろそろ25年近いキャリアになります。
正直自分でもびっくりですが・・・(笑)
東武鉄道に関係する仕事をしていたと言う事もありますが、
鉄道沿線には必ずオレンジ色のバスが止まってると言うイメージがあり
規模の大きな会社なんだと改めて実感したりしてました。
当時は、東武鉄道の直営バス会社として存在していた「東武鉄道バス事業本部」
東京、埼玉、千葉は勿論、群馬、栃木、茨城にもエリアを持っており
都市型の高頻度運行路線から、過疎地域でそれこそ1日1本運行
みたいな路線まで存在するバス会社としてそれぞれの地域に
密着して、生活の足として溶け込んでいました。
しかし、大手私鉄であるが為に鉄道収入で稼げる場合はそれでカバーできる
と言う国の判断から、地方の赤字路線は補助金も自治体協力もほぼ無い。
それでも、長年の利用者が少しでも居れば軽々しく廃止もできない。

路線を維持して、なおかつ補助金を受けたりできる環境を構築するには
バス部門を分社して、合理化を進めるしかない。
組合が大反対する中、東武鉄道はバス部門の分社化と採算見込みが立たない
エリア北部地域の撤退を始めたのでした。
埼玉県の熊谷営業所での車両整備風景。
いすゞのLVに加え森林公園出張所のブルーリボンも整備する。
今と違い整備士さんも東武鉄道の社員さん達が行っていた。

まさにそんな時に東武バスに興味を持ち、様々な地域にカメラ片手に
出かけ始めたのが東武バス趣味を始めたきっかけでした。
当時の主力車両はいすゞがP-LV314L、日野はP-HT235BA。

そして、いすゞではU-LV324L、日野はU-HT2MMAAが導入され勢力を
増やして旧型車を駆逐する真っ最中と言う感じでした。
東武バスの車両として一番の特徴はいすゞ、日野共に「富士重工製」
の車体を架装している車が多いと言う点が挙げられます。
日野車に関しては純正の日野車体が大半でしたが、いすゞに関しては
ほとんど富士重工製の車体を乗せていました。

富士重工 5E車体を架装するP-LV314L。
後期製造の車両は「黒サッシ」と呼ばれ、窓周りが引き締まった
印象があります。

やはり富士重工5E車体を架装するP-HT235BA。
日野指定の営業所には数台存在するケースが多かった印象です。

平成29年に入り続々引退を続け、ついに残り数台となった東武バスの7E型。
厳密に言えば、新7Eと呼ばれる最終型でコトKL-LV280L1改に於いては
東武向けのみ「タイプAノンステ」の架装を例外的に認めたと言う富士重工
との結びつきの強さを感じさせる経緯があった「銀サッシ」。
2003年3月に富士重工がバス車体製造から撤退して、最後に出てきた
銀サッシノンステグループも今年度内に姿を消すでしょう。

沼南に新製配置された銀サッシトップナンバーの社2558号車。
2003年から本格導入された「銀サッシ」だが、2558は先行的に
2002年下期に導入された車でした。

今回は個人的に一番馴染みの深い富士重工の7E、新7E型を語ってみたいと
思います。

〜次編へ続く。

拍手


上越線の沼田駅から国道120号線を約1時間。
群馬屈指の観光地である尾瀬の入口の街「鎌田」に到着します。
鎌田は沼田から来た道が尾瀬、日光へと別れる中継点です。
ここに東武バス「沼田営業所鎌田出張所」が開設されたのは
昭和12年で現在の東武バスの礎となった「東武自動車」が開設。
平成8年3月までは案内所の機能は残っていました。
近年再び運行を始めた関越交通の鎌田〜日光線の先駆けとなった
東武バスの横断特急の中継点、休憩所になった場所でもあります。
私が訪れた当時、案内所の正面には路線図が設置されており日光
へ路線があった事を思わせる名残もあった。

東武撤退〜関越交通移管により、東武バスはこの地から消えて
しまいましたが、関越交通が現在でも拠点を構えており今でも
起終点としての重要性は変わっていないようです。

尾瀬大清水、武尊牧場スキー場、戸倉スキー場から下って来た
バスはここで合流して沼田へ下る。
尾瀬高原のハイシーズンには国鉄・JRの夜行列車からの継承を受け
深夜に大清水へ向けて臨時バスが仕立てられるのも名物だった。
時代が変わりそのような事も行われなくなりましたが、沼田まで
の路線沿線には吹割の滝、老神温泉などの観光地も点在している
事もあり、在来線の沼田駅以外にも上越新幹線の上毛高原駅へも
路線が運行されていた。

現在でも関越交通により運行されている。
冬はスキー、夏は避暑に温泉にと現在でも賑わいを見せる奥利根の
小さな街で活躍した東武バスをご紹介しました。

★群馬沼田地区の東武バスは平成10年3月で廃止され関越交通に移管
されています。

拍手

埼玉県の南河原村への足として、熊谷駅前から運行され
村内の犬塚終点へ向かう東武バスの終点です。


右:熊谷駅前で小休止中の社2087号車と2456号車。
左:熊谷駅を後に犬塚へ向かう社2456号車。

現在でも運行のある路線ですが、平成18年に南河原村は行田市に編入
されました。
また路線自体は平成13年3月一杯で東武バスから国際ハイヤーへ移管
され、後に社名変更を経て現在は国際十王交通が運行している路線です。

また下画像の終点も現在では変更されており、この場所での折返は過去
のものとなっています。
この「熊11系統」は熊谷駅を起点に南河原を経由して犬塚への路線。
かつてはその先へ酒巻、利根大堰、新郷を経由して羽生駅まで
運転されていましたが、短縮されて犬塚までの路線になりました。


犬塚終点の転向場で待機する社2479号車。

東武時代末期はナロー車が充当されるケースが多く、熊谷営業所管内でも
ローカルな路線でした。


熊谷駅前に進入する犬塚行き社2468号車と立正行の2183号車。


国際十王交通による運行へ移管されて現在に至っている。
(国十 社2121号車 熊谷駅にて)

自治体の補助もあるようで、廃止にならず現在も運行されている事は
沿線利用者には嬉しい話だと思いますが、今後の利用状況によっては
切られる可能性もあるローカル路線。
沿線住人の利用なかかってくる問題でもあり今後に注目です。

拍手


上州三山に数えられる「赤城山」地蔵岳展望台へのアプローチ
「赤城山ロープウェイ(※1998(平成10)年休止後廃止)」の
赤城大洞乗場とJR前橋駅を結ぶ路線バスでして、現在も関越交通が
赤城大洞の少し先にあるビジターセンターまで運行しています。

元々は1927(昭和2)年頃から個人事業者により延長を重ねて開設
された路線ですが、これを東武鉄道バス事業本部の前身である
「毛武自動車」が1935(昭和10)年に買収、1936(昭和11)年に
毛武自動車が「東武自動車」に社名を変更し、東武バスの路線に
なった経緯があります。
途中に枝系統も存在しており、本線の赤城山大洞に向かう路線は季節
運行、枝線は通年運行と観光、生活の両路線的性格を持つ路線でした。


畜産試験場折返便と青年の家折返便。
左:社7816号車、右:社7976号車 前橋駅前にて。

終点の停留所正式名は「赤城山大洞」。
(バスの行先表示は赤城大洞)
1976(昭和51)年までは、前橋営業所大洞出張所も開設されていた
事があります。


前橋駅前で待機する赤城大洞行の社9183号車。

前述の「赤城山ロープウェイ」も末期は系列の「東武興業」が経営して
おり東武鉄道による赤城山観光開発の名残でもあった感じです。


赤城大洞を出発して前橋へ向かう社9183号車。

画像に写るロープウエイ乗り場は現在更地になり、当時の面影は皆無です。
東武鉄道が手掛けた赤城山開発の歴史もだんだん薄れてきており、面影を
探す事も難しくなって行く事でしょう。
東武鉄道による赤城山開発の話はものすごく長くなりますので、またの
機会と言う事で(笑)

赤城山大洞の停留所は現存しており、行く事は可能です。
上画像のバス車両の横にある駐車場のゲートバーを目印にすると場所が
解るかと思います。


関越交通へ系統移管される旨の告知。

東武バスがこの路線から撤退したのは平成10年の3月一杯で、東武バス
の群馬北部地域撤退前年の出来事でした。

拍手

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/09 tobushirei]
[04/08 あっちー]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
東武指令
HP:
性別:
男性
職業:
謎の会社員
趣味:
さまざまな趣味あり
自己紹介:
東武バスが好きなむさい男であります。
過去の話が多くなるかも知れませんが、お許し下さい。
ハンドルネームは「東武指令」です。
特に意味はありませんが、よろしくお願いします。(笑)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
ページ
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) midnhight arrow blog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]