忍者ブログ
東武バス、千葉のバスに関する話題を中心に 管理人の別趣味のお話等を書かせて頂きます。
こんにちは。
このシリーズでは、私が開設していたホームページで名物企画としてやっていた
東武バス路線の終点を御紹介していたものです。
復活と言うか、また始めてみたいと思います。


東京都足立区と埼玉県草加市の境に位置する終点。
私が撮影している数メーター後はもう埼玉県。
停留所名を「桑袋団地」と言いまして、以前は「花畑桑袋団地」と称号していました。
この団地の正式名称は「都営住宅花畑第四アパート」と言う名称が正式との事です。

つくばエクスプレス開業前は1日数本ですが、この場所から花畑車庫を経由して東武線の
五反野駅・北千住駅へ抜ける「北11系統」、花畑車庫出入庫の「花01系統」も運行されて
いましたが廃止されてしまい、新設系統の「六18系統」桑袋団地~六町駅線が「花畑営業所」
担当で誕生しました。

利用者のメイン路線は「谷01系統」桑袋団地~谷塚駅線であり、こちらは高頻度で運行
されており、一部は竹ノ塚駅や西新井駅まで足を延ばす「竹14系統」もありますが、
極めて本数が少ない。

場所は東京都内なのですが、メインの「谷01系統」は殆ど埼玉県内を走行しています。
運賃に関しても「全線2区制」を採用しており、乗車・下車する停留所により若干料金に
差がありますが車輌自体は都内の足立営業事務所、花畑営業所が担当するため、
運賃前払いの前乗り中降りでここまで運行を続けている。
(※ 現在、足立営業事務所担当分は草加営業事務所に運行移管されています。)
東武バスが発売している「都内フリー乗車券」も特例で使える路線でもある。

この画像を撮影した私の背後側には「綾瀬川」が流れており、画像前方の道を進んだところ
にある「桑袋大橋」を渡れば埼玉県の八潮市という、都県境の場所です。
本当に都区内の一番奥に当たる場所になる。

これと言って見て歩く物は見当りませんが、「路線バスの終点」としては雰囲気は
十二分にある所で、ターミナル内には車輌留置スペースも4台分があり、昼近くには
花畑営業所や足立営業所の車両が中休する光景も見る事ができます。

数少ない都区内の「行き止まり終点」として後紹介しておきたいと思います。

※谷01、竹13、竹14系統は現在「草加営業事務所」が運行を担当しています。

拍手

PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/09 tobushirei]
[04/08 あっちー]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
東武指令
HP:
性別:
男性
職業:
謎の会社員
趣味:
さまざまな趣味あり
自己紹介:
東武バスが好きなむさい男であります。
過去の話が多くなるかも知れませんが、お許し下さい。
ハンドルネームは「東武指令」です。
特に意味はありませんが、よろしくお願いします。(笑)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
ページ
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) midnhight arrow blog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]